ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

セキュリティの部屋

MISSION 1-2 ランサムウェアを使った詐欺・恐喝

POINT1:パソコンやデータを使用不能にして身代金を要求!

ランサムウェアとは

ランサム(ransom)とは身代金のこと。メールに添付されたランサムウェアを不用意に開くと、パソコンのデータが勝手に暗号化されたり、パソコンがロックされたりして使用不能となります。そして、暗号化されたファイルの復元や、ロック解除の引き換えに金銭を要求されます。

M1-2-1.png


POINT2:侵入手口はメールとWebサイト

ランサムウェアは、メールの添付ファイルやメール本文に記載されているURLのWebサイトなどから侵入します。不用意に添付ファイルを開いたり、覚えのないURLにアクセスしたりしないことが最大の防御です。

M1-2-2.png


<対策はバックアップと切り離し保管だ!>

ランサムウェアによって、感染したパソコンだけではなく、共有サーバーや外付けハードディスクに保存されているファイルも暗号化される。OS(※)やソフトウェアを常に最新に保つことに加え、小まめにファイルのバックアップを取得し、パソコンやサーバーから切り離して保管しておくべきだ。

M1-2-3.png

※Operating System(オペレーティング システム)の略。パソコンを動かすための基本ソフトウェア。


MISSION 1-1 標的型攻撃による情報流出

MiSSION 1-3 Webサービスからの個人情報の窃取

ガイドブックTOP

ページトップへ